カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 店舗へのアクセス サイトマップ

快楽と欲望 舞台の幻想について

性差の揺らぎ、両性具有という「演技のテクスト」——
ベジャール、ノイマイヤー、フォーサイス、ミュラー、バルト……
バレエ、オペラ、能、歌舞伎、文楽、京劇などを横断しながら 現代における舞台芸術の可能性を問う。

快楽と欲望 舞台の幻想について

価格:

3,672円 (税込)

[ポイント還元 73ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

渡邊守章・著/四六判上製



プロローグ ディオニュソス対アポロン——記憶のなかのモーリス・ベジャール

1.ジェンダーあるいは性の回転扉
ハイナー・ミュラー、あるいはテクスト・ゲーム——『四重奏』のための四楽章
『ロレンザッチョ』あるいは権力と性差

2. バレエによって物語ること
《メタ─リング》あるいはベジャールによる『指輪』
『指輪』あるいは円環構造
狂気について身体の語ること
『牧神の午後』変奏
音楽と舞踏——ベジャールにおける「ドイツ的なるもの」
劇的バレエの現在——ベジャールからノイマイヤーへ
劇的バレエの行方——ノイマイヤー、あるいはバレエによって物語ること
フォーサイスの「方法叙説」
ベジャールの帰還——ジル・ロマンとローザンヌ・バレエ
「海」と「エロス」——ノイマイヤーのギリシア
ベジャールによるミサ
白鳥、あるいはジェンダーの襞

3.友へ——
一つの時代の終焉——追悼ジョルジュ・ドン
虚空の花——ジョルジュ・ドンの紋章のために
真紅の薔薇、一輪
ナルシスの孤独な薔薇——マラーホフ讃
O嬢への手紙——マラーホフ讃
本木雅弘君への手紙
『檜垣の女』あるいは「繰り返し」ということ

4. 紋章学
舌語・息・絵文字——デリダ/アルトーを読む 松浦寿輝に
友愛のプロブレマティック
バルチュスあるいは天使の性
ベッティナ・ランス、あるいは《暴力》の操作——ロラン・バルト『明るい部屋』の余白に
写真術あるいは欲望の憑依

5. 演出の余白に
『かもめ』前口上
マリヴォー、あるいは性の回転扉
『ロレンザッチョ』との出会い
ロマン派のラスコリニコフ——ミュッセ『ロレンザッチョ』のこと
テクスト・ゲーム——ハイナー・ミュラー『四重奏』を演じて
余白のデュラス節——戯曲『アガタ』訳・演出にあたって
三島由紀夫作『サド侯爵夫人』の演出について
声と身体——モノ・オペラ『源氏物語』の演出
聖ジュネによる《受難曲》
『声』のドラマ
懐かしい距離——鏡花戯曲の言葉について
フェードルの地平

6. 表象のディスクール─断章
時評という痕跡——劇場の余白に
私の『忠臣蔵』
涙の劇場
セネカ——悲劇の記憶
身体と言説——北京で考えたこと
中国男旦事情
三味線の糸、沈黙の声
クローデル、バルト、文楽
伊快楽と欲望——舞台の幻想について

あとがき
初出一覧

こちらもあわせてご覧ください♪

踊ること、劇 舞台のある風景

2,592円(税込)
購入数

クラシックス・オン・ダンス 舞踊評論

3,356円(税込)
在庫   ○
購入数

ページトップへ