観る人も、踊る人も
バレエを愛するすべての人へ
観る人も、踊る人も ー バレエを愛するすべての人へ
  • スライダー1のサムネイル
  • スライダー2のサムネイル
  • スライダー3のサムネイル
  • スライダー4のサムネイル
  • スライダー5のサムネイル

ライプツィヒ・バレエ団 「チャップリン」 振付:マリオ・シュレーダー(直輸入DVD)

価格: ¥3,666 (税込)
[ポイント還元 73ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

あの天才チャップリンの生涯がバレエに! ライプツィヒ・バレエ団の人気演目「チャップリン」が映像化されました。ライプツィヒ・バレエ団のダンサーとして活躍したのち、振付師に転向したマリオ・シュレーダーの作品です。

直輸入DVD、100分、2013年
字幕:英、独、仏(日本語字幕はありません)
※より高画質なブルーレイもございます。購入ページは(こちら)です。


★2010 年10 月30 日のプレミエ以降4 シーズンも上演されてきたプログラムで、プレミエの際は15 分間もスタンディング・オベーションが止まらず、観客は大興奮し、当日会場に招かれていたチャップリンの娘ジェラルディン・チャップリンも舞台にあがり、成功を祝福しました。

★チャップリンを題材にしたバレエといえば、巨匠振付師ローラン・プティがチャップリンの名作映画をルイジ・ボニーノのために振りつけた「ダンシング・チャップリン」がありますが、本作品はチャップリンの生涯を、両親、ミルドレッド、ポーレット、ウーナら妻たちなどチャップリンに関係のある人物を登場させ、チャップリンの本当の姿を描いています。そして舞台芸術も担当するポール・ゾラーが選曲した、ジョン・アダムズ、バーバー、ブリテン、そしてチャップリン自身の音楽を挿入し、現代最高峰の技術を持つライプツィヒ・バレエ団のダンサーたちのカラフルで華やかな踊りで繰り広げられます。またバレエ作品の名手である映像監督ソニア・パラモの個性的な映像も必見です。

ライプツィヒ・バレエ団
マティアス・フォレムニー(指揮)ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
映像監督:ソニア・パラモ

チャップリン:テイラー・ガルスター
放浪者:アメリア・ウォーラー
母親:ウラニア・ロボ・ガルシア
父親:アレクサンダー・トイチャー
ミルドレッド:ヴァネッサ・シールド
ポーレット:イシス・カーリル・デ・アルブケルケ
ウーナ:ロミー・アーヴェマルク
独裁者:オリヴィエ・プライス

【音楽】
ジョン・アダムズロラパルーザ
レオンカヴァッロ:オペラ「道化師」より序曲
シュニトケ:合奏協奏曲第1 番より終楽章
ヴァスクス:交響曲第1 番「声」より沈黙の声
チャップリン:「モダンタイムス」より序曲/ゴールドラッシュ・ワルツ
ブラームス:ハンガリー舞曲第5 番
チャップリン:花売り娘/スマイル
ヘンツェ:交響曲第2 番より第2 楽章
アイヴズ:ストックブリッジのフーサトニック河/ニュー・イングランドの3 つの場所
ジョン・アダムズ:ザ・チェアマン・ダンス
ワーグナー:ローエングリンより序曲
ブリテン:「ピーター・グライムズ」より嵐
バーバー:弦楽のためのアダージョOp.11

ページトップへ